2017/10/16(月)雨

 

こんにちは。

今回は特段「こんにちは」について書くことはありません。というか基本的にそんな挨拶をいちいち気にしている人いないでしょう。じゃあ今までのエントリでなぜ触れたかというとまぁ気になることもあるからです。人はそうやって割と適当に生きている。

 

 

はい。

日曜日に『怖い絵展』を観てきました。

『怖い絵展』is何という疑問については各自ググってください。何かわからなくても良いです。特に問題ありません。今回問題となっているのはツイートの埋め込みがうまくいっているかどうかです。展と関係ないですね。話を戻します。

なぜ日曜日に行ったにも関わらず日記を書かなかったかといえば、展の後、急遽実家に泊まることになったのでパソコンが手元になかったからです。ついでにタブレットもなかったので完全に手持ち無沙汰で妹たちと5年ぶりぐらいにDSで遊びました。そして勢い余って3DSを買ってしまった。こういうところが本当に良くない。もっと慎重に生きたいものです。適当をやめろ。

 

展の感想ですが、このような感じです。

相変わらず何をいっているんだという感じですが、とにかく満足する内容でした。特に今回のポスターにも使われている『レディ・ジェーン・グレイの処刑』には圧倒されました。ジェーン・グレイが誰かというのは世界史をやってきたみなさんは当然ご存知だと思うので割愛します。なぜ処刑されてしまうのかについても世界史をやってきた(以下同文)。

さて問題となるのは世界史をやってきていないみなさんで、「レディ・ジェーン・グレイって誰やねん」という状態でこの絵を100%楽しめるのかというとどうなの?と思ってしまいます。そもそも100%楽しむとは…?というモードに突入しそうですが、今回はその手の気持ちはスルーしていく方針です。世界史を別にやってきていないけどジェーン・グレイくらいは常識でしょ、という方もいるかもしれない。そうだったらごめん、ぼくは世界史をやっていなかったら確実に知ることのなかった人物です。まぁとにかくこの辺りの感覚が「コンテクストが10割」に結びつくわけです。教授も「聖書とギリシャローマ神話を知らないと西洋絵画は半分もわからない」といっていました。世俗画ならコンテクスト不明だしわかるだろという考えもあるかもしれませんが、世俗画もある種宗教画に対するアンチテーゼという大きなメタ・コンテクストに乗っかっているのでは?という気がします。技法としても色か線かという問題があったり、現実的な正しさか絵画的な美しさかという問題があったりとにかく芸術学は面白い。ただし将来に活かすのが非常に難しく、親とも「将来どうするの?」「わからない、働くビジョンがまるで見えない…」「そう思う」などの会話を交わすハメになるのであまりがっつりやるのはお勧めしません。ぼくはもう戻れないところまで来てしまった。

 そろそろ何が言いたいのかわからなくなってきました。やはり感想は即座に書いておかないと忘れてしまうことがわかる。 確実に言えることは良かったということです。ぜひ観に行ってくださいね。上野の森美術館です。クソほど混んでいるので早めにいくのがいいんじゃないでしょうか、ぼくは雨の中30分待ちました。寒かったです。展の話は終了。

 

 

最近考えていることの話。「近代化」は「現実教」なんじゃないかということを考えていて、人間には古典的な宗教があったほうが良いのでは?という気持ちになっています。あったほうが良いというかそうでなければ救われない人も存在するのではないかと思います。人が救われたほうが良いのかについては別問題。

現実教徒の恐ろしい部分ですが、現実の相対化を頑なに拒むあたりにあると思っていて、異界の存在を許さないんですよね。「この一生だけが全て」という感覚の絶対視がポイントになってくるのかなと思っています。自然科学との関連なども考慮しながらもう少し詰めて考えていきたいテーマです。いい文献があったら教えてください。なんだかクソ長くなりそうなので考えの話はここまでにします。そもそもぼやっと考えているだけなので文章に起こそうとすると冗長になってしまって困ったものです。またいつかもっと纏まったら書きたいと思います。纏まらなくても書くのかもしれません。わからない。何も…。人は…。

 

 

おわり。