2017/10/3(火)晴

 

こんにちは。

引き続き元気ではありませんが、それなりにやっています。

 

 

部屋の片付けをしました。終わりませんでした。部屋の状態は精神状態を表すと言いますが、そうであるならば、今の精神状態は右半分だけが異常に悪いことになるわけで、それは一体何を示すのか…。メンタルに関していえば、露骨に天気に左右されるわけですが、では今日のように晴れていたらそれで万事OKかといえばそうでもなく、面倒な部分です。メンタルの健全化に関して確実なのは薬物のみなのでやはり医者にかかるか?という感じ。

 

 

本の話。基本的に昼にめしを食べずに生きているので、必然的に昼休みは暇になります。さてどうするかといえばまぁ読書でしょう。若人よ本を読め。書を捨てるのはやめろ。ぼくの家には本が1,000冊あるぞ、お前はどうだ。

はい。

芸術関連をやっていると、とにかく教授からの教養マウンティングが激しく、毎度非常に悔しい思いをしているのでいつか見返してやると思っているのですが、多分見返す前に教授は死ぬ。まぁ死ぬかどうかは置いておいて、教養が足りないので最近は文学的な方向から攻めるかという気分なので、岩波の赤を読むなどしています。現状としてはシェイクスピアおもしれ〜〜とかなってるけど、一番面白いのはカフカなのでぼくは未だに中二病患者です。家にある赤はシェイクスピアカフカのみで、あとは童話と神話という偏りようなので誰か面白い文学作品を教えてください。宜しくお願いします。

 

まだ本の話。書籍が4桁の大台に乗ってくると収納場所に困るという問題が発生し、6畳一間ではとてもじゃないが対応しきれないと思っていたのですが、本を棚に納めるのではなく床に平積みするというソリューションによって全ての問題は消えました。この方法は、入院している友人に1ヶ月弱本を貸していたところ、本たちが返ってくるころにはなぜかスペースが失せていたため仕方なく床に積んでおいたことから偶然発見されたものです。何はともあれ、めでたしめでたし。

 

 

また片付けの話に戻りますが、ゴミをまとめるところまではいいものの、ゴミだしをなかなかしないという悪癖があり、これは朝起きられないことに起因するのですが、とにかくゴミ袋が増殖を続けるので非常に良くない。特にペットボトルはいくら貯めても悪臭を放つということがないので無限に溜まっていく傾向があります。一人暮らしを始めてから半年が経ちますが、まだ一度しか出したことがない。明日は記念すべき二度目になる予定です。本当に出せるのだろうか。

 

こういったものぐさな態度は公共料金の支払いにも現れていて、ガスと電気は引き落としになっているので問題ないのですが、水道はコンビニ支払いなので期限ギリギリまで支払わない。家賃もそう。滞納するかどうかの瀬戸際で生きているわけですが、水道料金も明日きっと支払います。無理かもしれない。TOEICの支払いも済んでいないのでやらなくてはならず、手元からお金が消えていくことだけはわかる。つらい。

 

 

そういえばめしの話ですが、そうめんと鶏肉で済ませることで月あたり5,000円でいけるのでは?という説があり、来月はそのようにします。生野菜は外食でしか摂取していないので、各位我が家に遊びにくることがあったらどうかお恵みください。ぼくはみなさんの善意で生活をやっていっています。

 

めしですが、スーパーでバイトをやっているので惣菜の廃棄等に駆り出されることがあり、持ち帰りは当然不可なのでビニール袋に悲しい気持ちで捨てています。その度に、なぜ人はビニール袋に入っためしはゴミと認識してまうのだろう…という気分になり、人体の不思議ですね。食物とゴミの境目とは…。同様に生物と食物の境目も奇妙な気分いなるので好きです。水族館に行った後は寿司が食べたいけど、動物園に行った後に焼肉食べたいとならないのはなぜでしょうか。多分刷り込みだけど。近々鶏絞めてみる必要があるかなと思うなどしています。あとは魚をさばけるようになろうと思いました。生物と食物の境界を味わうことで、何かが…きっと…。

 

おわり。